【保護犬サチ日記vol.1】初めての預かりボランティア受け入れ初日〜1週間<多頭飼育崩壊を救いたい>

令和元年8月16日
福岡県で起きた多頭飼育崩壊。
けいごのママは子供の頃から動物が大好きで、今までずっと犬と一緒の生活を送ってきました。
ペットショップで購入したことはなく、捨て犬や捨て猫を引き取っては育てています。
今回、ずっと考えていた「一般家庭での保護犬の預かりボランティア」を申し出て、福岡の多頭飼育崩壊の家から一頭を預かることにしました。

約2年、一度も外へ出たことがなく、恐らくシャンプーもしたことがなく、名前もないメスのワンちゃん。
彼女につけた名前は「サチ」
幸せになって欲しい、という願いを込めました。

ママは犬のプロではありませんが、犬が大好きです。
けいごも犬が大好きです。
だから、サチも人を好きになって心を開いてくれると信じています。

この動画は預かりボランティア開始1週間の様子です。