福島原子力警戒区域のキツネ

チェルノブイリの原発事故では、ペットや家畜は国の財産として救援さましたが、日本政府は、犬や猫のペット2万4千匹を警戒区域に見捨てました。
家畜のニワトリ、牛や豚など64万頭も同様に餓死させられました。